攻略・ガイド

【MHW:I】アルバトリオン徹底攻略~対策から立ち回りまで~【動画あり】

alatreon

こんにちは。太刀チャージアックス大剣スラッシュアックス双剣ハンマー操虫棍が上手いdetteyuです。前置きは無しにして早速アルバトリオンの解説に入りましょう。

アルバトリオンはソロの方が簡単です。

なぜならターン制のモンスターだからです。今回の記事は2章立てです。

1章は知っているプレイヤーなら飛ばしてかまいません。弱点や、エスカトンの仕様などについてです。

2章は具体的な攻撃の避け方、当て方についてです。

1. 覚えるべきコト

アルバトリオンはの3属性をフォルムチェンジしながら戦います。

弱点はそれぞれコチラ。

登場するクエストは特別任務「宵闇の煌黒星」、イベントクエスト「明けの死星」「宵の恒星」の三種類があります。

「宵闇の煌黒星」「宵の恒星」は最初の属性が属性。「明けの死星」は属性という設定ですね。それぞれ逆の属性を担げばいいわけです。属性相手には属性、属性相手には属性、という具合ですね。

そして属性モードを変えながら戦ってくるアルバトリオンなんですが、これには法則があります。それは、と、属性を挟んで交互に入れ替わるということです。

更にもう一つの法則が「エスカトンジャッジメント」を龍属性から次の属性に変化するときに放つことです。

なので実際は、

→(エスカトン)→→(エスカトン)→→(エスカトン)→

という具合になります。

これは素で食らうと即死します。しかも不可避、モドリ玉も使えません。

どう対策するのかというと、属性攻撃です。アルバトリオンに与えたダメージのうち、属性ダメージが一定以上蓄積すると「アルバトリオンの力の抑制、順調です!」というアナウンスが流れ、アルバトリオンが大ダウンします。すると「エスカトンジャッジメント」の攻撃力が下がり、耐えられる攻撃に変わるという理屈なんです。3度まで「エスカトンジャッジメント」を弱体化させられるんですが、1度でもダウンが取れれば、雑貨屋で買える「アステラジャーキー」で耐えられます。

大切なのは、落ち着くこと。

動画で私は秘薬、研ぎ、アステラジャーキーでじゅうぶんに間に合っています。ある程度HPが減っていくのを見てからアステラジャーキーを食べましょう。

でも、モドリ玉の使えないステージでと属性の変わるモンスター相手にどう対処しろという話ですよね。属性モードの時は属性が全く通りませんし、属性モードも同様です。

そこで必要になるのが、角の破壊です。

実はアルバトリオンは”龍属性モードの間のみ” 角を折ることができるんです。すると、→()と変化する、になるはずの属性ローテーションが(角折り)→()に変わるんです。生えている角は2本。ですから、(角折り)→(角折り)→という属性ローテーションにすることができるんです!

(で倒せなかった場合は諦めて消し飛びましょう)

動画だとにすることに成功しています。

角破壊は「ひるみ」なので攻撃は欲張らないようにしましょう。

以上が、アルバトリオンを討伐するうえで覚えておくべき仕様です。

2. 避けて殴る、その方法

アルバトリオンはターン制バトルです。クラッチに異常な憎しみを持っている点以外は、慣れと根性でなんとかなるモンスターだと思います。古来からの「避けて殴る」モンハンです。

さて、1章の前提を踏まえた立ち回りですが、狙うべき部位はですね。角を折らないといけないわけですから。

頭狙いで、避けて殴る。

実践した動画がコレです。頑張って撮りました。

ABOUT ME
detteyu
音の鳴る太刀を使っています。