core-keeper

【レビュー】Core Keeperの魅力【サンドボックス系サバイバル】

レビュー

24日にSteamサマーセールを控え、今年はスケジュールやいくつかのセール対応タイトルが事前に公開されている。その中から新進気鋭の名作「Core Keeper」を紹介していく。

本作はジャンルで言うなら、サンドボックス系サバイバルといったところで、筆者の所感では”見下ろし視点テラリア”と言ったところ。ドット絵ながらアニメーションがなめらかで、水面の表現などが美しい。洗練されており古臭さを感じないのがビジュアル面の評価だ。

ゲームとしては、木を切って作業台を作り、ピッケルを作っていずれ銅や鉄が掘れるようになっていく。という定番のサイクル。この手のゲームはマインクラフトを筆頭にあるが、それの類に漏れないタイプ。モンスターとの戦闘も控えている。

Core Keeperの特色として挙げられるものの一つに、MMOチックなスキルツリーシステムがある。ツリーの種類は戦闘だけでなく採掘などの生活系もあり、採掘をし続けるとだんだんと採掘効率が上がっていくという仕組み。ツリーを振り切るにはそれに対応した作業をかなり長時間続けなければならない。

1から8人プレイヤー対応のマルチプレイ

ソロで生き延びるもよし、身内7人とプレイするも良いだろう。前述したスキルツリーシステムもあるため、協力して資源の採掘、戦闘、農業を行ってプレイすることが可能だ。

総合的に見ると、戦闘やクラフトなどの様々な要素の中でも、料理と農業に特に力が入っているように感じられた。料理は材料を2種類組み合わせるだけのものだが、栽培できる作物の種類も相まってレシピのバリエーションは多い。一方で防具の種類はサバイバルゲーム標準程度といった印象。家具や壁紙的な内装も豊富で、クラフトや拠点づくりが奥深いゲームと言えるだろう。

クラフト、生活面の充実さばかりを強調してきたが、ボスの種類や鉱石、バイオーム等もいくつか存在し、ボリュームは十分にある。テレポーターの実装など、広いマップの不便さをカバーするアップデートも行われており、開発には期待が持てる。

2022年6月15日 日本語対応

追加ローカライズ

新ローカライズ言語:日本語、ドイツ語、韓国語。

CK – パッチノート – 0.4.0-3f9cにて、

新生物群系「沈んだ海」、沈んだ海の新副生物群系「見棄てられた大都市」といくつかの新メカニクス、新NPC、新アイテムとともに日本語化された。公式のパッチノートも日本語対応されているので、英語が苦手なプレイヤーも楽しむことができるようになったのではないだろうか。

Core Keeper ストアページ

Core Keeperは現在もセール中だが、サマーセールも来る予定となっているので要注意。

日本語にも対応しているので、日本語化などを気にする必要はないだろう。日本語wikiも2022年6月現在は更新されているため、参考にできるだろう。