ニュース

【LoL】世界大会MSIの各ステージの仕組みを解説

rumble-stage

NoTempai

今日、5月6日からMSIが開幕する。去年はそもそも開催されなかったし、一昨年のMSIとも仕組みが変わっててよくわからないという人向けに、新しいMSIの仕組みを解説しよう。

MSIが3つのステージに分かれているのは例年通りだが、今年はシードが存在しないため、プレイインやメインイベントの区別がない。

最初から全ての国の代表が集結し、戦う。

MSI 2021 出場チーム

ブラジル (CBLOL) - paiN Gaming
中国 (LPL) - Royal Never Give Up
独立国家共同体 (LCL) - Unicorns of Love
ヨーロッパ (LEC) - MAD Lions
日本 (LJL) - DetonatioN FocusMe
韓国 (LCK) - DWG KIA
中南米 (LLA) - Gillette Infinity
北アメリカ (LCS) - Cloud9
オセアニア (LCO) - Pentanet.GG
東南アジア (PCS) - PSG Talon
トルコ (TCL) - fastPay Wildcats

3つのステージ

3つのステージは、下記3つと称される。

  1. グループステージ(旧: プレイイン グループステージ)
  2. ランブルステージ (旧: メインイベント グループステージ)
  3. ノックアウトステージ (旧: プレイオフ)

続いて、各ステージを勝ち進む条件を確認しよう。

1.グループステージ

MSI 2021 グループステージ

グループ内でBO1を各チームと2回ずつ行い、各グループの上位2チームが次のランブルステージに勝ち進むことができる。

グループAはベトナム地域のMSI不参加を受けて3チームしかいないが、上位2チームが勝ち進めるという点は他のグループと変わらない。

2.ランブルステージ

rumble-stage

ランブルステージでは、グループステージから勝ち進んだ6チームが再びBO1を各チームと2回ずつ行う。

6チームが1つのグループとなったグループステージだと思ってもらえばよい。

この上位4チームが決勝トーナメントであるノックアウトステージへと駒を進めることができる。

3.ノックアウトステージ

knockout stage

ノックアウトステージでは、最後まで勝ち残った4チームが、ランブルステージでの成績を受けてBO5を行う。

ランブルステージでの1位は、3位チームと4位チームどちらと当たるかを選択する権利があるため、場合によっては1位vs4位、2位vs3位となることもある。

敗者トーナメントはないので、この4チームの中から勝ち進んだ2チームが再びBO5を行い、その勝者がMSI王者となる。

決勝は5月23日の21時開始と、日本人にも比較的見やすい開始時間となっているので、是非とも観戦し、2年ぶりのMSI王者誕生の瞬間を見届けよう!

関連記事

-ニュース
-,

© 2021 Eijuchi Powered by AFFINGER5