ニュース

MMORPG「Elyon(旧A:IR)」のクローズドβテスト受付開始!4月25日まで募集中

超Cool

永住できるMMORPGを探してます。

日本時間4月13日の21時からMMORPG、Elyonのクローズドβテストの受付が始まった。

Elyon(旧名:A:IR)は、過去数年の間に、レベリングフローの調整や戦闘システムのアクション戦闘への転換など、ゲームプレイ体験の多くの部分で大きな変化を遂げている。開発者はElyonをより楽しいMMORPGにするために継続的に取り組んでいる一方で、カカオゲームスは西欧でのリリースに向けてますます速いペースで準備を進めていると述べている。

4月25日の21時まで申し込むことができ、27日に当落が発表され、5月10日までプレイ可能なので、ゴールデンウィークは遊べるだろう。

βテストの権利を得ると、友人を一人まで招待できるアクセスキーがもらえるとのことなので、友達と一緒に応募すればプレイできる確率はさらにあがる。

βテストのサーバーは北アメリカとヨーロッパの2つが予定されているが、サーバー間で作成したキャラクターを移動することはできないため、もしβテスト中に新しくサーバーが追加され、そちらでのプレイを望む場合は一から始めないといけなくなる。既にお察しの方もいると思うが言語は英語のみの予定。

韓国では既に本サービスが開始されており、今回のクローズドβでは韓国サーバーの1月27日のパッチが適応される。βテスト中はこのパッチに固定されるが、本サービスでも韓国サーバーのパッチが遅れて適用されるというわけではなく、徐々に韓国サーバーと他サーバーのパッチの差は埋めていくとしている。

ルビーショップと呼ばれる現金でアイテムを買うショップは今回は使えないが場合によってはイベントやゲーム内メールでショップのアイテムを配布して使用感を試してもらうことはあるとのことだ。

韓国では、サービス開始後、一度も韓国のランキングトップ10に入らない人気で、新作ゲームとは思えないゲームとなっている本作だが、かつては、TERAやPUBGを生み出している。Tree of Saviorのように、国際版で若干蘇ったゲームもあるので期待するのは間違いではない。

下記には気になった質問を翻訳して記載する。

なぜこのような古いパッチでプレイしているのですか?

ローカライズ作業が大変なため、CBT1の特定のビルドバージョンに固定してから、今後のコンテンツのローカライズ作業を行うことにしました。これにより、テスト期間を早めることができ、皆様からいただいたフィードバックを処理する時間を確保することができます。一部のコンテンツが最新バージョンですでに変更されている可能性があることは承知しており、それに応じてフィードバックの確認プロセスを調整します。

このビルドで発売を予定しているのですか?

いいえ、CBT1ビルドは目標とするリリースビルドからはかなり離れています。ローカライズのスピードを考慮して、できるだけ韓国版に近いバージョンでElyonを発売することを目指しています。サービス開始当初は、コンテンツの面で少し遅れをとってしまいますが、早急に追いつき、韓国と欧米の差を縮めることを目標としています。

使用言語

CBT1では英語のみの対応となります。CBT2以降は、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語に対応しています。

サーバー

ヨーロッパと北米の2つの地域が用意されています。

CBT1に限り、各リージョンは1つのサーバーでスタートします。必要に応じて追加のサーバーを設置することができます。

各サーバーは一定のチャンネル数で構成されます。

進捗状況

CBT1の進捗状況は、テスト期間終了後に消去されます。

-ニュース
-,

© 2021 Eijuchi Powered by AFFINGER5