ニュース

Valve版オートチェス「Dota Underlords」LoLより早くプレイ可能に

Dota Underlords

2019年6月13日Valveからついにスタンドアロン版オートチェスが公開された。「Dota Underlords」というタイトルで現在battle pass所持者限定でプレイすることが可能となっている。本記事では、変更点やプレイ方法を紹介する。

dotaunderlordsmain

覇権争いが起こる各社オートチェス

先日、Riot社のリーグ・オブ・レジェンドでもオートチェス(オートバトル)系新モード「チームファイト タクティクス」を開発したということでコミュニティでは話題が持ちきりだ。正直リーグオブレジェンド人口の多い日本の界隈では、こちらは嬉しいニュースだろう。

teamfight_tactics

元祖オートチェス(MOD版)も現在はiOS、Androidにも展開しており、PCスタンドアローン版を開発中である。こちらは、公式サイトとEpic Gamesストアで公開される予定だ。RiotとValveという大手に囲まれてどうなることかと思ったが、Epic Gamesが配信することで、ある程度の人口は保てるだろう。

こちらも、展開は少し遅れてしまい「無限進化:オートチェス」に若干ながら流れてしまったがInstagramに広告を出していたりと、集客はしっかり行なっており、まだまだ期待が持てる。

insta_autochess

Valve版オートチェス「Dota Underlords」

上記の2つと違いValve版オートチェス「Dota Underlords」は、Steam版、iOS、Android版でリリースされる予定で、全てのデバイス間でクロスプレイも可能とのこと。リーグオブレジェンドでは、スマホ展開には期待できないのでこの部分は大きな魅力になるだろう。また、現在もパーティを組んでできたりと機能も多い。

新たなヒーローも追加され、中立ラウンドでの獲得アイテムの変更、アイテムの持ち替え可能など変更点もあるようだ。

「Dota Underlords」をプレイするには

一週間のストレステストの後、オープンベータへ移行となるが、Dota2のBattle Pass所持者はストレステストにも参加できるようだ。

ストアから「PURCHASE BATTLE PASS」を選択し、1100円で購入することで先行プレイ可能だ。

購入後アクティベートすることで、ライブラリに「Dota Underlords」が追加される。気になるプレイヤーは是非プレイしてみてほしい。

詳しくは以下で確認しよう。

http://blog.dota2.com/2019/06/dota-underlords/