ニュース

ブラジルの元女性CSGOプロゲーマー、詐欺罪で懲役116年

Shayene “shAy” Victorio

ブラジルにて、元プロゲーマーが罰金と懲役116年という驚異的な刑罰を宣告された。

ブラジルのメディアは、元プロゲーマーであるシャイアン”シャイ”ビクトリーオー(Shayene”shAY”Victorio)が2013年から2017年までのオンラインショップ運営に関連する詐欺罪で有罪判決を受けたと報道した。shAYは、オンラインショップから商品を購入した顧客に対して、販売したものを提供していないままの店舗を運営していたことで今回の事態となった。組織犯罪対策特別行動グループ(GAECO)が率いる調査によると、100人以上の顧客が、ショップから注文や払い戻しを受けたことがないと明らかにした。

Shayene“ shAy” Victorioは、ソーシャルメディアで数万人のフォロワーを持つほど人気なブラジルのプロeスポーツプレーヤー。

Shayene-shAy-Victorio

過去には、Counter-Strike:Global OffensiveとCounter-Strike1.6のプロ選手として活動した。2008年から2011年までは1.6版のプロ選手として活動しており、以降2013年から2019年までのCSGOのプロ選手として活動している。彼女が最後に活動したチームは、「Keyd Stars Female」として知られている。

ただし、ブラジルは刑法上、最大の懲役を40年に制限しているので、shAyに下された宣告が116年であっても、40年の服務となる。もし40年になったとしても、平均寿命の3分の1以上だ。shAYは、現在今回の問題を否認しており、インスタグラムのページに掲載した声明書を通じて、現在控訴手続きを踏んでいると明らかにした。

この投稿をInstagramで見る

Shay Victorio(@shayvictorio)がシェアした投稿

彼女がプロシーンから引退した後、Twitchストリーマーになり、ソーシャルメディアを通じて話題となり、インフルエンサーとしてしばしば切望されていただけに残念である。