コラム

【LoL】T1(元SKT)がWorlds出場を逃す【WCS2020】

2020-lck-regional-qualifiers

Fakerが今年のWorldsに出場しない。

Fakerという選手について、紹介が必要だろうか。念のため軽く紹介をしておこう。

League of Legendsというゲームにおいて最も偉大なプレイヤーであり続けてきたことに疑いようもない、歴史と実力のある選手だった。

2013年、2014年、2016年と3度の世界大会の優勝を遂げ、2017年には決勝で敗れたものの、2位に。2019年でもベスト4に残る成績を残した選手だ。

(こんな汚らしい画面のときから、Fakerは強かった。)

そんな選手が、Worldsに出場すらできなかったというと大事件だ。

Faker

プロフィール

faker

名前: イ・サンヒョク 이상혁
出身国:韓国
誕生日:1996年5月7日(24歳)

チーム:T1
契約期間: 2021-11-15
役割: ミッドレーナー
好きなチャンプ:Zed,LeBlanc,Ahri,Azir,Ryze

2020 World Championship

WCS(World Championship)への出場権は、各地域のリーグ毎に決まっている。元々は主要地域が3枠ずつというルールだったが、今年からは前年などの活躍で枠が変動するようになった。

LPL(中国)は18,19年と優勝した成果から4枠に。LEC(EU)も春の世界大会MSI(Mid-Season Invitational)の1度の優勝と、18,19年のWCS決勝で3-0で敗れた成果から4枠に。LCK(韓国)は13~17年も優勝し続け、一強を築いたペナルティでずっと3枠である。LCS(NA)も3枠である。

主要地域の次に、そこそこ強い地域としてRiot様に認められたのが、VCS(ベトナム)とPCS(東南アジア)である。PCSは、元々はLMS(台湾、マカオ、香港)地域だったのが東南アジアと統合された。今年のWorldsはVCSがコロナ関係で出場できない。

そして最後に、発展途上だから1枠しか与えず、厳しい予選を課される地域たち、我らがLJL(日本)や、その永遠のライバルCBLOL(ブラジル)、宿敵LCL(CIS)、LLA(ラテンアメリカ)、OPL(オセアニア)、TCL(トルコ)である。

LCK 2020

lck2020

当のLCKのWorlds出場権は、Championshipポイント制である。春と夏の順位にポイントが付いており、夏の優勝チームと、春夏合計のポイント上位1チームが確定で出場権を得られる。

出場が決定したLCK teamは下記の通り

出場権 チーム名
LCK Summer チャンピオン DAMWON Gaming
LCK チャンピオンシップポイント 1位 DRX
LCK Regional Final Gen.G

第3シードは春夏合計の上位4チームから、Regional Finalという戦いで決定される。T1が戦って敗れたのはこの戦いである。

GEN vs T1 Highlights

あなたはどのように、この選手の夏の終わりを知っただろうか。

LoLをプレイしている片手間の雑談で、あるいはTwitterのトレンドで。あるいは、拳を握りしめてT1のプレイに一喜一憂したあとで。あるいは、ふとWCSの話題になって出場チームを確認してから。

悲しかったのは「SKTがWorlds出ないの?」程度の関心にまで、T1への関心が下がっていたことである。LPLが最強だとか、G2が最強だとか、DAMWONが最強だとか、激しく衝突するチームたちの名前が挙がり、もうLCKが決勝の舞台に立たなくなって2年が経つ。

2017年、SKTが決勝の舞台でSSGに敗れた。

2018年、SKTは下位まで沈み、決勝の舞台にはiGとFNCが立った。

2019年、SKTは準決勝でG2 e-sportsに敗れ、FPXが王座を手にした。

戦わないマクロの時代は終わり、圧倒的な技術で勝利を収める形が増えた。決勝では、LPLが二年連続でLECを3-0で完封している。

もう、Fakerの時代は終わったのかもしれない。2017年にRulerの「穢れの連鎖」で捕まったときに、既に、ひとつの時代が終わっていたのかもしれない。

それでも、未だにFakerを目で追ってしまうのは、僕が「Faker世代」だからだろうか。

「こいつが世界一なのか」と初めて見た冴えないメガネブロッコリーは、プレイでその印象をひっくり返し、こんな文章を書くくらいに僕の心に衝撃を与えた。

そんな選手が、涙を流す場所もなく儚く散っていくことに、どうしようもない虚しさがこみ上げてくる。

Worldsとは、ドラマが生まれる場所だ。

24のチームが戦い、23のチームが散る。各地域を背負い、人生を賭けたプロプレイヤーが戦う場所に、生まれないドラマはない。そんな場所に、Fakerがいないのだ。これから開催される世界大会の、どこにもいない。

頑張ってきましたが、私たちの夏はここで終わります。応援してくれたファンの皆さん、ありがとうございました。

世界選手権への道は終わりましたが、ベストを尽くしました。2020年は浮き沈みがありましたが、いつものように戻ってきます。一歩一歩を共にしてくれてありがとう。

彼らが敗北したあとに、上記の内容をツイッターに投稿した。僕はこれを見てより一層、彼が紡ぐドラマを見ていたいと感じた。大舞台で彼の姿が見たかったんだ。

Fakerがまた、世界の決勝戦に立つ日を待っています。

ABOUT ME
detteyu
音の鳴る太刀を使っています。