ニュース

WildStar 11月28日にサービス終了

WildStarは正式にサービス終了することをアナウンスしていましたが、正確な日付までは明らかにしていませんでした。

今日、NCSoftは、WildStarが2018年11月28日にサービスを終了する予定であることを発表。

7月1日以降、Steamまたは公式ウェブサイトを通じてゲームにお金を払った人は誰でも払い戻しを受けることが可能。

このゲームの知名度は非常に低いが、最も評価されていないMMOといっても過言ではない良作MMOといってもいいだろう。

タンク、ヒーラー、DPSの3ロールがあるWoWクローンのMMOで、2014年にリリースされた本作。2014年には、Elder Scrolls OnlineやArcheAgeといったMMOサービス開始しているが、WildStarも上記2つ同様爆発的なヒットとは至らなかった。

オープンベータテストの時には、

「君たちが今年プレイするMMOの中で、一番イカしてるのは俺たちの作品だ。以上」

と開発者が強気に発言したが、1年で無料化。

その後、RIFTのように巻き返すこともなく、サービス終了することになった。しかし、ダンジョンをはじめとするコンテンツは非常に魅力的で、他WoWクローンに引けを取らない。

今からでも遅くはないので、WildStarの最初のインスタンスダンジョンをプレイしてみてほしい。

本作の魅力がすぐに分かるダンジョンになっており、このゲームが面白かったことに気づくだろう。

WildStar(2014-2018)安らかに眠れ。

Official Announcement