ニュース

MMORPG「ArcheAge」リリース直後の仕様のクラッシックサーバーオープン

ゲームオン(Pmang)は2018年7月4日、MMORPG「ArcheAge」の新規サーバー”BlueSalt”(ブルーソルト)のオープンを発表した。Re:フレッシュサーバーと名付けられたこのサーバーは、システム自体は現行のものと同じだが、レベルや装備、コンテンツは初期の仕様に近い状態になっている。

https://archeage.pmang.jp/info/evecam/refresh/index

サービス開始当初に近い仕様で楽しむことができるというコンセプトが魅力であり、現在制限されているコンテンツは今後のアップデートにて順次開放される。

最近になり、クラッシックサーバーというものが注目され始めている。

日本ではリネージュ2。カバルオンライン、ラグナロクオンライン等がクラッシックサーバーを立てている。その中でもArcheageは2013年リリースという比較的新しいゲームであることが注目する理由の一つだ。MMOというシステム上サービスが続くにつれて、長く続けているプレイヤーが強くなり、ボスの管理やコンテンツの独占を行うという行為がおこなわれ、上位プレイヤー以外はゲームの本質的なコンテンツ部分に触れることは難しくなっていく。

ArcheAgeはゲームシステムで、敵国PK・同族PK・略奪・戦争・裁判が用意されている対人寄りの調整がされていることが魅力のMMOだが、上記の理由により現行サーバーでは新規のプレイヤーはもちろん中間層のプレイヤー達は、このコンテンツを満足に楽しめない。

「バニラ時代は良かった。」「ベータテストは楽しかった。」

そういったプレイヤーや、その気分を味わいたいプレイヤーにはぜひおすすめのサーバーだろう。PKも略奪も正義の味方も貴方のプレイ次第だ。

一方で、初めての体験というものは一度しか味わえないものというひともいる。実際にクラッシックサーバーでは、今日流行っている『異世界転生モノ』のように、知識と経験のあるプレイヤーが強くてニューゲームをして無双するパターンも多い。

そういうところもクラッシックサーバーならではだと思うのでぜひプレイしてほしい。

先行キャラクター作成は2018年7月11日からだ。参加するプレイヤーは特典もつくので登録しよう。

https://archeage.pmang.jp/info/evecam/refresh/index