レビュー

【TOS】Tree of SaviorのR10パッチで追加されたコンテンツの短評

R10

2018年10月24日(水)のメンテナンスで更新されたアップデートにてランク10(R10)が開放され、様々なコンテンツが追加された。本記事では、このパッチで追加されたコンテンツについて復帰者や初心者に向けた短評を記載する。

・330ID

330ID

パーティ次第だが1週5分程度で1週250kシルバーとかなり効率はよく、経験値もかなりおいしいので所持しているキャラクターの数だけ回すべきコンテンツだ。

・追加されたR10帯のクエスト

追加された高レベル帯のクエストは報酬に経験値カードに加えて直接経験値がもらえるので、R10転職、新装備のキャップとなる380レベルどちらを目指すにしても都合が良い。「ヴァルティネ記念区」から始まる一連のクエストは報酬にプラクトニウムも含まれている。

・380装備

380レベルの装備が追加されたが、防具のオプションの数値は350装備からあまり上昇していないので更新するプレイヤーがどれほどいるか(=いいオプションが出ても売れるか)はわからない。武器は単純に攻撃力が上昇しているため人気の武器種なら需要はあるだろう。

・370フリーダンジョン

ルーティングチャンス

主に380装備狙い。シルバー効率は340FDと比べれば良くなったが、330IDと比べれば遥かに悪い。マップ左下あたりのMOBが狩りやすいが、左下に到達するまでに死亡するリスクがある。定番のリン2ソマ3フェザー3ならば狩ること自体苦労はしない。

・図書館レイド

ジーマ・スコットのレイドがリメイクされ、高額な新規アクセサリーなどが報酬に組み込まれた。過去に前提クエストを終わらせているキャラクターならすぐに参加可能。一番目の避難所と同じくシエラパウダーばかり出るが、魅力的な報酬もある。

・R10帯のチャレンジ

380装備のドロップも見込め、経験値もおいしいチャレンジは是非参加したいコンテンツだ。殲滅力も必要だが、敵から受けるダメージが大きいためそれなりの耐久と回復力が求められる。最高レベルのスフェルトウムタウンのチャレンジに参加できる357レベルは到達しておきたい1つのラインだ。

ABOUT ME
kaiware
マルチプレイヤーゲームを好みます。